漢字読み講座

「紐帯」ってなんて読む?じゅうたいではありません!

「紐帯」って何て読むか分かりますか?

(じゅうたい)ではありません。

(ひもおび)でもありません。

 

「弱い紐帯の強み」という理論が、1973年に社会学者マーク・グラノヴェッターによって唱えられました。

これを知っていれば答えがわかりますね!

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「紐帯」の読み方のヒントは?

「紐帯」には、2つの意味があります。

  1. 2つのものを結びつけている重要な要素
  2. 地縁・血縁・利害などの社会を形成している結びつきのこと

 

一般に、強い「紐帯」とはライフスタイルや価値観が類似している人との繋がりを表します。

家族・親友・会社内での派閥・国家間の条約などです。

 

一方で弱い「紐帯」とは、「知り合い」程度の結びつきに対して使われます。

 

何と読むかわかりますか?

 

「紐帯」の読み方、正解は……

正解は……

 

「ちゅうたい」

 

です!

 

先ほど紹介した「弱い紐帯の強み」という理論について解説します。

 

「強い紐帯」は、環境や価値観などが似通っていると情報も共通していて、新しい情報を得難いが、「弱い紐帯」は共通項が少ないため、自分が知らなかった情報を得られる可能性が高いという仮説です。

 

自分の知らない情報を知ることによって、自分の幅を広げていければ素敵ですよね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA