漢字読み講座

「軒下」ってなんて読む? (けんした)ではありません。

最近はスタイリッシュな家が増えて、「軒下」のある家を見かけることが少なくなってきました。

田舎に行くほど大きな軒下がありますが、これは建築基準法が深く絡んでいるためで、家が古いという訳ではありません。

軒下の無い家も、シンプルでカッコいいと思いますが、雨漏りのリスクなどを考えるとあった方がいいようですね。

さて、「軒下」と書いてなんと読むでしょうか?

「軒下」読み方のヒントは?

「軒下」とは屋根の下という事です。

もちろん、家の中ではなく家の外側に付いている屋根です。

家から突き出している部分の事です。

縁側のある家だと軒下を大きく取っている家も多いでしょう。

他にも軒下が広いと、雨でも洗濯物を干せたり、夏には椅子やテーブルを置いて夕涼みしたりとなかなかに快適な空間になります。

日差しをよけてくれるという意味でも、家を守ってくれるのが「軒下」です。

なんとなく何のことかわかりましたでしょうか?

「軒下」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「軒下」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「のきした」

です!

 

大きな軒下のある家に少し憧れてしまいます。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA