漢字読み講座

「嫉む」の読み方は?「ねたむ」とも読みますがもう一つ読み方があります

「嫉む」の読み方をご存じでしょうか?

「ねたむ」と読むのが一般的ですが、実はもう一つの読み方があります。

日常的にあまり使わない表現なので、この言葉自体知らない方が多いかも…

さて、あなたにはもう一つの読み方がわかりますか?

「嫉む」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇む」の3文字
  2. 意味は「他人の幸せや長所をうらやんで嫉妬すること」
  3. 「同僚の昇進を嫉んでいても仕方ない」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「嫉む」の読み方!正解は!?

正解は「そねむ」です。

冒頭でお伝えしたように「ねたむ」と読むこともできますが、「ねたむ」と「そねむ」では、下のように少しニュアンスが異なります。

  • ねたむ:自分より良い立場にある人をうらやましく思って憎むこと
    例)母に可愛がられている妹を、こっそりいじめた
  • そねむ:自分より良い立場にある人がうらやましくて悔しいこと
    例)結婚して幸せそうな友人を見ると、悔しくてたまらない

「ねたむ」の方は感情が相手に向いていますが、「そねむ」の方は悔しい感情が自分に向かっていることがわかります。

しかし非常に微妙な違いですし、明確に定義されているわけではありません。

普段は違いを意識することがほとんどないかも知れませんね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA