漢字読み講座

【簡単そうなのに?】「柘植」って何て読む?「たくしょく」ではありません!

「柘植

これなんて読むかわかりますか?

 

漢字はとっても簡単に見えますが、

読み方はちょっと特殊かも?

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「柘植」読み方のヒント!

 

「柘植」は、とある植物の名前です。

垣根などに使われたり、伝統工芸の材料にも使われているんですよ!

 

また地名になっている漢字でもあるので、

その地元の方であれば読めるかも。

 

さて、読めたでしょうか?

ちなみに「たくしょく」ではないですよ!

 

「柘植」の読み方、正解は…

 

気になる正解は…

 

 

 

 

「つげ

です!

 

「柘植」とは、

「主に西日本の暖かい地域に分布しているツゲ科の常緑植物」です。

 

日本の固有種で、西日本では垣根や庭木などに使われます。

椿のようなツヤツヤとした葉っぱが特徴的です。

 

また、ヒントの部分で書いたように、

伝統工芸品の材料としても多く活用されています。

 

特に有名なのが「つげ櫛」!

丈夫で梳かすとツヤが出るので人気が高く、

相撲や歌舞伎・古典芸能で結い髪にするときには、必ずつげ櫛を使うそうですよ!

 

ほかにも将棋の駒として使われることもあるそうです。

このことからも、材木の丈夫さがわかりますよね。

 

 

日本の伝統芸能には欠かせない素材「柘植」。

教養の一つとして、スマートに読めるようになりたいですね!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA