漢字読み講座

【今日の難読漢字】「お襁褓」「無沙汰」「崇める」ってなんて読む? これがサッと読めればカッコいい!!

今日の難読漢字は

「お襁褓」

「無沙汰」

「崇める」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「お襁褓」です!

お襁褓」と書いて、なんと読むか分かりますか?

絶対に誰でも使った事のある物です!

お襁褓のカバーもある位、世の中では必需品となっています。

さて、「お襁褓」と書いて、なんと読むでしょうか?

「お襁褓」読み方のヒントは?

もともと赤ちゃんの体をくるむ布を襁褓と呼んでいて、そこから「お襁褓」が独立していっていたのだとか。

たしかに、お襁褓が独立していないと困りますよね。

今は12時間くらいでも平気なものが出ていますが、昔は布しかなく、2~3時間ごとに変える必要があり、どこの母も相当に大変だったことが安易に予測できます。

紙でできたものは非常に便利で、画期的な発明品だったといえるでしょう。

必需品なのですが、漢字が難儀すぎてどのメーカーもひらがなやカタカナになっており、漢字で書いてあるのを見たことがありません。

「お襁褓」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「お襁褓」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「おむつ」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

次の難読漢字は「無沙汰」です!

無沙汰」と書いて、なんと読むか分かりますか?

(むしゃた)ではありません。

日常でもよく使われている言葉で、自分でも使ったことがあると思います。

急に暇になった時、連絡せずにいた友達に久しぶりに会った時など「無沙汰」の前に言葉を付けるだけで色々な意味になります。

さて、「無沙汰」と書いて、なんと読むでしょうか?

「無沙汰」読み方のヒントは?

そもそも「無沙汰」は「沙汰」が無いと書きます。

沙汰とは、「地獄の沙汰も金次第」「正気の沙汰とは思えない」「色恋沙汰」「表沙汰」などの沙汰のことです。

幅広い意味のある言葉ですが、なんとなく意味は分かりましたか?

でも「無沙汰」だけではあまり使いません。

無沙汰の前に言葉を付けて「御無沙汰」「手持ち無沙汰」などと使います。

「無沙汰」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「無沙汰」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ぶさた」

です!

 

ちなみに御無沙汰は、便りをしなかったことを詫びる言葉なので、

「長い間ご無沙汰しております。連絡せずに失礼いたしました。」と続きます。

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「崇める」です!

崇める」と書いて、なんと読むか分かりますか?

崇拝の(すう)ですが、(すうめる)ではありません。

でもイメージは合っています!

そして何を崇めようが、自由です!

さて、「崇める」と書いてなんと読むでしょうか?

「崇める」読み方のヒントは?

誰が何といおうと、非常に価値があるものとして敬う(うやまう)ことを「崇める」といいます。

敬うとは尊敬すること、対象を上位のものとして礼を尽くすことで、年上の人や老人などを敬うなどといいますね。

崇めるは神仏など、もっと対象が上の人になります。

「神のように崇める」なんて言葉もあります。

自分が絶対に到達できないであろう、領域に達している人のことなどをよく崇めます。

なので自分にとって、神だと思い崇める人はひとそれぞれです。

「崇める」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇める」です。

さて、もうわかりましたか?

「崇める」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「あがめる」

です!

 

あなたには、一生の師と崇める人がいますか?

ぜひ、覚えておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA