漢字読み講座

「卸金」の読み方は?「おかね」と読むとかなり恥ずかしいですよ

「卸金」の読み方をご存じでしょうか?

もちろん「おかね」と読むのは間違いです。

一文字目は「御」ではなくて「卸」ですからね。

では、何と読むのが正しいのか、あなたにはわかりますか?

「卸金」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字
  2. 調理器具のひとつです
  3. 表面にトゲトゲの突起があります

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「卸金」の読み方!正解は!?

正解は「おろしがね」です!

「下し金(おろしがね)」と書くこともできますよ。

大根やわさび、しょうがなどをすりおろす調理器具であるおろし金は、お料理をしないかたでも1度は使ったことがあるでしょう。

おろし金は日本にしかない調理器具で「和漢三才図絵」という江戸時代の百科事典には、すでに現在の形のものが載っています。

おろし金は薬味をすり下ろ際に使うものなので、生魚などの食あたりを防ぐための薬味は、当時から欠かせないものだったことがわかりますね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA