漢字読み講座

「梲」「鹿威し」「洋灯」これらの読み方は?【難読漢字に挑戦!】

今回のお題は「梲」「鹿威し」「洋灯」です。

どこかで見たような気もするけどなかなか難しい…

あなたには全て読むことができますか?

1問目はこの漢字から!「梲」

「梲」の読み方をご存じでしょうか?

「悦」という字に似ているため、つい「えつ」と読んでしまったかたもいるかも知れませんが、もちろん間違いです。

あまり見かけない特殊な漢字ですね…

あなたには正しい読み方はがわかりますか?

「梲」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字
  2. 家の梁(はり)の上に立てて棟木を支える短い柱のこと
  3. 「悦が上がらない」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「梲」の読み方!正解は!?

正解は「うだつ」または「うだち」です!

ヒントで紹介したように「うだつが上がらない」「うだつの上がらないやつ」といった風に使います。

家の梁(はり)の上に立てて棟木を支える「うだつ」は、無くてはならない重要な部分です。

なので、それにたとえて暮らしぶりが良くない人のことを「うだつが上がらない」と言うようになりました。

日常的に耳にする言葉ですが、なかなか読みにくい漢字だといえます。

2問目はこの漢字!「鹿威し」

「鹿威し」の読み方をご存じでしょうか?

もちろん「しかいし」ではありません。

とはいえ「他にどんな読み方が?」と、悩んでしまいますよね。

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「鹿威し」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇し」の5文字
  2. 日本庭園で見かけたことがあるかも
  3. 竹筒に水が溜まると「コン!」と良い音が

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「鹿威し」の読み方!正解は!?

正解は「ししおどし」です!

「獅子脅し」や「獅子威し」と表記されることもありますが、正しくは「鹿威し」になります。

寺院や料亭などの庭によく設置されているししおどしは、そもそもは田畑を荒らす鳥獣を追い払うためのものでしたが、のちに風情を楽しむことが目的に。

ちなみに、鹿という字は「鹿威し(ししおどし)」では「しし」と読みますが、「鹿の子(かのこ)」では「か」と読ませます。

ちょっとややこしいので、注意が必要ですね。

最後はこの漢字!「洋灯」

「洋灯」の読み方をご存じでしょうか?

見たまま素直に「ようとう」と読んでもよいのですが、もっと意外な読み方がありますよ。

さて、あなたにはもう一つの読み方がわかりますか?

「洋灯」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字
  2. 一般にカタカナで書く言葉です
  3. 揺らめく炎がロマンチック

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「洋灯」の読み方!正解は!?

正解は「ランプ」です!

漢字の意味から推測すると、なるほどと思えます。

冒頭でお伝えしたように「ようとう」とも読みますが、通常はランプと読むことが多いでしょう。

ランプとは「石油を燃料として灯りを灯す照明器具」のことです。

室内やキャンプ場などで温かい光を放つランプは、とてもロマンチックですね。

ちなみに「洋灯」と書いて「ランプ」と読むのは熟字訓と呼ばれる読み方。

熟字訓とは漢字1文字ずつに読み方を当てずに、2文字以上の組み合わせの漢字(熟字)に訓読みを当てる読み方のことです。

この機会に覚えておいてくださいね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA