漢字読み講座

【最近多い!】「驟雨」ってなんて読む?「そうう」ではありません!

「驟雨

これ、何と読むかわかりますか?

 

難しそうな漢字が使われていますが、

実は身近な存在のこれ。

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「驟雨」読み方のヒント!

 

「驟雨」は、見た目の通り

とある雨の状態のことを指します。

 

「驟」の字があまり見慣れないので、難しいですよね。

「そうう」と読んでしまう方も多いのでは?

 

実際は「〇〇〇う」と読むのですが…

 

さて、あなたは何と読みましたか?

 

「驟雨」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「しゅうう

です!

 

「驟雨」は、

「急に降り出して、すぐに止んでしまう雨」のこと!

 

「にわか雨」や「村雨」とも言います。

夏の時期は特に、夕方に一時的に降る「夕立」がありますが、

これも驟雨の1種と言われています。

 

また、近年よく耳にするようになった「ゲリラ豪雨」。

これも一時的に降るものなので驟雨の1種と言えますね。

 

驟雨は、大気が不安定な時にできる積乱雲が引き起こします。

積乱雲といえば、入道雲!

夏の象徴とも言える雲が、局地的かつ一時的な雨を引き起こすんです。

 

降水量や降る時期によって、呼び方が変わりますが、

大くくりで「驟雨」と呼ぶので、覚えておくといいですよ!

 

天気の話題は、会話に困った時の定番!

これを機に豆知識として覚えて読めるようになりましょう!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA