漢字読み講座

「鵠」この鳥、「こくのとり」?見たことがあるはずです!

今回の難読漢字クイズは「鵠」です。

最初に鳥の名前だと明かしておきます!

さて、あなたは何と読みますか?

「鵠」の読み方のヒントは?

1.「鵠」をひらがなにすると3文字です。

2.俳句の世界では冬の季語です。

3.『ですが、何より先に、あなたのような美しい鵠の』ゲーテ「ファウスト」より引用

正解は…

正解は「くぐい」でした!「くくい」でも正解です。

古来日本では「白鳥」をこう呼んでいたのです。

「うぐい」ではありませんよ!

「鵠」の音読みは「コウ」「コク」、訓読みは「くぐい」「まと」「鵠い(しろい)」、18画、漢字検定準1級の漢字です。

「鵠」の左側は「牛」

「鵠」の左側は「告」ではありません。

よくみると「告」ではなく「牛と口」なので間違わないようにしましょう。

「牛と口」は、そもそも「告」の旧字体。

「牛と口」及び「告」は、牛を神に捧げて口で願いを伝えることです。

古事記の「鵠」とは?

古事記には『故、今高往く鵠の音を聞きて 』と残されています。

ただし、古事記の「鵠」には白鳥とコウノトリ2つの説があるようです。

どちらかが間違いというわけでなく、昔は大きな白い鳥を総じて「鵠」と呼んでいたからです。実際、白鳥とコウノトリは外観が似ていますね!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA