漢字読み講座

「咳」この漢字、「せき」以外の読み方を知っていますか?

「咳」を何と読みますか?

もちろん「せき」ですね!

さて、それ以外の読み方を考えてみましょう。

「咳」の読み方のヒントは?

1.「咳」をひらがなにすると4文字になります。

2.『咳けば少し抜けゆくかなしみよ』矢島恵(現代俳人)

3.『最早咳一つする者も無かったのです。』野村胡堂「新奇談クラブ」より引用

正解は…

正解は「しわぶき」でした!

漢字そのまま、「咳(せき)」のことです。赤ん坊や幼児が笑うことも意味します。

「咳」の音読みは「ガイ」「カイ」、訓読みは「せき」「せく」「しわぶき」「咳く(しわぶく)」です。

「咳(しわぶき)」の成り立ち

「しわぶき」という発音は「しはぶく」といわれています。

「しはぶく」の成り立ちには諸説あり、ひとつは「繁(しは)吹く」から、もうひとつは唇や舌を意味する「しは」という古語からきているという説です。

「咳(しわぶき)」の言葉や古語

昔「しわぶき」は「しはぶき」と書きました。

しわぶきひとつない:咳払いひとつない静けさ

しわぶきやみ・しわぶきやまい:咳の出る病気『このあか月より、しはぶきやみにや侍らん』源氏物語より引用

しわぶきして語り始める:何かの合図として、わざと咳払いをすること

しはぶきおぼほれて:咳込んでむせてしまうこと

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA