漢字読み講座

「偏狭」ってなんて読む? マイルールの強い人の事!?

偏狭」と書いて、なんと読むか分かりますか?

偏屈な、狭い、というイメージで合っています。

でも偏屈(へんくつ)というよりは、小さい、狭い、窮屈な・・・という意味合いです。

さて、「偏狭」と書いてなんと読むでしょうか?

「偏狭」読み方のヒントは?

「偏狭」とは、自分だけの狭い考えにとらわれること。度量の小さいことを言います。

「偏狭な性格」というのは、いわゆる頭の固い人や融通の利かない人、心の狭い人、せこい人など。

「これしかない」と思い込んでいて、他の意見を聞き入れないような人もそうですね。

マイルールの強い人は何かと面倒くさいです。

男性なら「頑固おやじ」「偏屈おやじ」ですが、女性なら「偏狭な人」でしょう。

差別や偏見が激しいのも偏狭ですね。

また、土地などがせまいことも「偏狭」といいます。

土地がせまいの定義はないものの、家も建てられず駐車場にも向いてない狭いような土地の事を偏狭な土地といいます。

「偏狭」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「偏狭」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「へんきょう」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA