漢字読み講座

「止揚」とめあげ?この漢字、あなたは何と読みますか?

「止揚」を何と読みますか?

「とめあげ」と読みたくなりますが…

早速ヒントを見てみましょう!

「止揚」の読み方のヒントは?

1.「止揚」をひらがなにすると3文字になります。

2.「止揚」をドイツ語にすると「アウフヘーベン」です。

3.『歴史は常に対立する現実を止揚しながら動いてきた。』五木寛之「風に吹かれて」より引用

正解は…

正解は「しよう」でした!

「止揚」の意味は大きく分けて2つあります。

1.あるものを、そのものを否定するが、契機として保存して、より高い段階で生かす

2.矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一する

なかなか難しいですね!

ドイツの哲学者ヘーゲルが「弁証法」の思考プロセスに用いたことが有名なので、「止揚」より「アウフヘーベン」の方がポピュラーに使われます。

※弁証法とは、対立や矛盾を否定せずに議論を深めつつ、最終的に思考を統合することです。

「止揚」の具体例

例①

意見A:「これは三角形だ」

意見B:「丸にも見えるから矛盾してるんじゃない?」

AとBによる止揚:「これは円錐だ!」

例➁

意見A:「もっと米を消費すべきだ」

意見B:「でも、パンの方が好きだ」

AとBによる止揚:「米粉でパンを作ろう!」

難しいイメージの「止揚」ですが、日本人にとっては案外しっくりする思考方法ではないでしょうか?

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA