漢字読み講座

「添水」この難読漢字、「てんすい」とは読みません!

「添水」を何と読みますか?

てんすい、そえみず、と読みたいところですが…

きっと目にしたことがあるはずですよ!

「添水」の読み方のヒントは?

1.「添水」をひらがなにすると3文字になります!

2.和風庭園で見かけたことがあるかもしれません。

3.俳句で「添水」は秋の季語として使われます。

3.『カーン、あの添水を聞き澄んでいたのです。』泉鏡花「菊あわせ」より引用

正解は…

正解は…「そうず」でした!

「添水」とは、カッコーン!と響き渡る水場の竹筒と石でできた装置です。

竹筒に溜まった水の重みで石を打って音を出すように仕組まれています。

風情ある和風庭園やお寺などに設えられていますね。

現在では庭の飾りとして用いられることが多いですが、本来は鳥獣を追い払うためのものでした。

「添水」は「鹿威し」の一種

農業の大敵である野生動物を追い払うための装置を「鹿威し(ししおどし)」といいます。

鹿威しには「鳴子(なるこ)」「案山子(かかし)」「添水」があります。

「鳴子」は紐にくくられた竹や木片で、風に吹かれたり引っ張ると音が出ます。

「かかし」はご存じの通り、人間に見せかけた藁人形。

「添水」は水が溢れる度に音を出します。

昔の人の知恵ですね!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA