漢字読み講座

【あなたは読めますか】「慶び」ってなんて読む?「けいび」と読んでしまったあなたは・・・

慶び

この漢字、なんて読むかわかりますか?

「けいび」ではありません。

でもこの漢字、実はビジネスシーンなどでも使う重要な漢字なんです。

どんな読みの漢字なのか考えてみてください!

「慶び」読み方のヒントは?

ビジネスシーンや冠婚葬祭など格式ばった場で使われる礼儀正しい漢字で「めでたいとき」などに使います。

 

つまり普段使いはしない漢字です。しかし、この言葉を普段使いしないという意味ではありません。

 

大ヒント!「喜び」と同じ意味です。もうわかりましたか?

 

「慶び」の読み方、正解は・・・

それでは正解です。

 

正解はよろこびでした。

実は「喜び」と全く同じ意味なんです。ただビジネスシーンや冠婚葬祭など礼儀正しい場では「喜び」ではなく「慶び」を使います。日本語って難しいですね。

 

ただそういった礼儀正しい場所とはどれだけ無縁な人でも1年に一度はこの「慶び」という漢字、実は使っているんです。

 

そう、年賀状の「お慶び申し上げます」の一言です。

 

慶びって意外と身近な漢字でしたね。ここまでお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA