漢字読み講座

【「びふう」?間違いではありませんが、他にも読み方があります!】「微風」の読み方は?

夏の時期に活躍する、扇風機のボタンにもある「微風」。

これは風力が弱いモードなので、「弱い風」というのは理解できますが、他には何と読むか分かりますか?

天気用語のようにもみえますし、「〇〇ふう」と読むのかも・・・??

 

微風」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 意味としては「弱い風」よりも「優しい風」です。

ヒント➁ 春のような気持ちの良い時期に、この風が吹いているイメージです。

ヒント③ 最初の文字は「そ」です。

 

微風」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そよかぜ」です!

 

微風は、まさに「びふう」と書くとおり「静かに吹く風」のことです。

また、「そよ」という言葉は、物が触れあって聞こえるかすかな小さな音を表わす言葉としても使われますね。

表現方法がきれいな言葉なので、芥川龍之介をはじめとする多くの著名人の文学作品にも使われたり、アーティストの作品タイトルや福祉系の名称のほか、日常的にも「そよかぜが気持ちい」などと言いますよね。

 

ここで小ネタを一つ。

弱風と微風の違いは定義づけがないそうなのですが、それでも微風の方が弱風よりも弱いのが通例だそうです。

いつも心に微風が吹いているようにいたいものですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA