漢字読み講座

【友達は全員読めませんでした…】「執る」ってなんて読む?そのまま「しつる」って読んではダメですよ

「執事」「固執」などの熟語で使われる「執」は日常的によく見かける漢字です。

では、

「執る」

と送り仮名をつけたら、なんて読むのでしょう?

そのまま「しつる」と読むのは間違いですよ。

「執る」読み方のヒントは?

「執る」には、手に持ち、それを使って仕事をする、などの意味があります。

「事務を執る」など、「努める」と似たニュアンスですね!

また、態度や姿勢を保つという意味もあります。

「大胆な態度を執る」
などなど……。

もうおわかりですね?

「執る」の読み方、正解は……

「執る」の正解は……

「とる」です!

ほかの「とる」……「取る」との使い分けは、いくつか例文を知っておくことでスムーズに行えますよ。

「連絡を取る」
「先制を取る」

「教鞭を執る」
「筆を執る」
「平和主義を執る」

「取る」は単純な手に取る動作に対して使われるイメージ。
反対に「扱う」「司る」などの意味で使うときは「執る」が一般的なようですね!

だから家事や事務を執行する使用人のことを「執事」と呼ぶのです。

ABOUT ME
アバター
猫村仁奈(ネコムラニナ)
ライターの猫村仁奈(ネコムラニナ)です。 読書や小説執筆、お絵描き、ゲームなどが大好き。 絶賛おうち時間堪能中のインドア派です。 よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA