漢字読み講座

【これは知らない人、結構いるかも?】「弛まぬ」ってなんて読む?「ゆるまぬ」ではなく、もう一つ読み方があります!

「弛まぬ」

「弛む」という漢字は、「ゆるむ」と読むのが一般的です。

「弛まぬ」も「ゆるまぬ」と読めないというわけでもありませんが、もっとかっこいい読み方があるのはご存知でしょうか?
今日は「弛まぬ」の読み方を考えてみましょう!

「弛まぬ」読み方のヒントは?

「弛まぬ」は「弛まない」と同じ意味で使用します。

「弛む」には怠ける、心が弛む、張り詰めていたものが垂れたようにゆるむ、などの意味があります。
それに否定語が伴っているので、弛まない、怠けない、という意味になりますね!

 

日常的には「弛まぬ努力」のように使う機会が多くあります。

「弛まぬ」の読み方、正解は……

「弛まぬ」の正解は……

「たゆまぬ」です!

つまり「弛まぬ努力」というのは、怠けることなく、勢いを緩めることなく、常に努力をし続ける……という意味なのですね!

ちなみに「緩む」と「弛む」には、どちらも張っていた状態から解放される、緩和される、という意味があります。

「弛む」は「たるむ」とも読めるので、状況によって使い分けられるようにしましょう!

ABOUT ME
猫村仁奈(ネコムラニナ)
ライターの猫村仁奈(ネコムラニナ)です。 読書や小説執筆、お絵描き、ゲームなどが大好き。 絶賛おうち時間堪能中のインドア派です。 よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA