漢字読み講座

【これを読めたらすごい…!!】「肖る」の3つの読み方、わかりますか?「しょうる」と読んでしまったあなたは…

「肖る」

上の漢字、何と読むかわかりますか?

「肖像」「不肖」といった単語に使われている漢字でもありますが、

「る」の送り仮名がつく場合、「しょうる」とは読みません。

「肖る」の読み方のヒントはコレ!

  • ヒント1:「感化されて同様の状態になる」こと。
  • ヒント2:もしくは、「影響を受けた相手と同じ状態になりたい」と願うときに用いられる。

そろそろわかりましたか?

「肖る」の読み方!正解は…?

「肖る」の読み方、正解は……「あやかる」です!

「肖る」の意味をもう一度見ておきましょう。

  • 「感化されて同様の状態になる」という意味。
  • 「影響を受けた相手と同じ状態になりたい」と願うさま。
  • 影響を受けて変化することや、動揺するさまを表す。

「気付けば彼に肖っていた」「あの人の幸運に肖りたい」というように、
”今よりも良い状態”を表すときに使われるのが一般的です。

「肖る」の読み方、正解はほかにもある?

実は、「肖る」と書いて別の読み方をするケースもあります。

せっかくですので、別の読み方や意味も見ていきましょう。

  • 「にる」:外見がもとの姿形にそっくりであること。
  • 「かたどる」:ある形に似せて作る。のっとる。似せる。

どの読み方にも共通しているのが、
物の姿形や状態を表すときに使う言葉だということですね。

「肖る」3つの読み方と意味の違い
  • あやかる:感化されて同様の状態になること。「影響を受けた相手と同じ状態になりたい」と願うさま。
  • にる:外見がもとの姿形にそっくりであること。
  • かたどる:ある形に似せて作る。のっとる。似せる。

「肖る」は、上でまとめたように、
意味によって3通りの読み方をする漢字です。

すべての読み方を知っていた人は、お見事!

「ひとつでも読めなかった…」という人は、
これを機にすべての読み方と意味の違いを押さえておきましょう!

ABOUT ME
tnskksg
国語好きが高じてwebライターになりました。奥ゆかしさを感じる言葉が好きです。わたしの紡いだものが、あなたの記憶のなかに残りますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA