無印良品

【無印良品のベッドカバーはどれがおすすめ?】一年中快適な睡眠がとれる!麻の使い心地がとってもいいのでご紹介します。

1日の疲れをとる大切な睡眠。

皆さんはどのようなベッドカバーをお使いでしょうか?

夏にはひんやり素材のカバーを使用したり、

冬には暖かい素材のものに変えたりする方もいるかもしれません。

季節に応じた寝具に変えるのももちろんいいですが、

一年通して快眠できるカバーがあれば最高ですよね。

今回は、

無印良品の『麻平織ボックスシーツ』『麻平織掛けふとんカバー』

の使い心地が思っていた以上に素晴らしかったのでご紹介します。

麻のおすすめポイント

麻は夏に使用するイメージが強いのではないでしょうか?

私も、さらっとしているイメージで、冬は寒いのではないかと思っていました。

しかし、色々調べていくうちに、麻の凄さを知ってしまいました。

なんと、麻は、

夏は涼しく、冬は空気を含んで暖かさを保ってくれる素材なんです!

特徴としては、

・通気性が良い

・吸水、吸湿性に優れている

・触り心地はハリがあってさらっとしている。

 洗濯するごとにさらに馴染んでくる

・丈夫な生地

・洗濯しても乾きやすい

・熱伝導にも優れているため冬も暖かい

などが挙げられます。

暑い日も寒い日も使用できそうです。

無印良品のおすすめカバー

どの季節にも対応している麻のカバーは、実は快適なのではないか?

今までも何点か無印良品のカバーを使用していましたが、

廃盤になったりして再度購入ができないことが続きました。

そして今回初めて、麻のカバーを購入することになったわけです。

今回購入したのは、

『麻平織ボックスシーツ』『麻平織掛けふとんカバー』です。

サイズにもよりますが、オフホワイトやベージュ、グレーなどの色展開があります。

人気の色は売り切れになることが多いです。

カバーを使用して初日の夜。

正直、パリッとしててちょっと硬めかなぁ・・・と感じました。

それまでは同じく無印良品のオーガニックコットン三重ガーゼを使用していたので、

あまりにも触り心地が違っていたからです。

コットンなどの柔らかさはないので、

ハリ感を少しごわっとしたように感じていました。

しかし、一晩寝て起きた朝、

体にまとわりつかないし、すっごく快適だった!!と感動しました。

その後も洗濯するごとにいい柔らかさになり、肌馴染みが良くなってきています。

夏が終わり、寒い季節になっても麻のカバーは快適さを保っています。

また、カバーを替えるのもボタン式でとってもしやすいんです!

無印良品のベッドカバーはここもおすすめポイントのひとつです。

麻のデメリット

よく聞く麻のデメリットは、

「ほこりがすごい」「繊維のくずが出る」などですが、

麻平織寝具カバーにはそのようなマイナスポイントはあまり感じられませんでした。

洗濯の仕方や洗剤などでも少し差が出るのかもしれません。

むしろメリットばかりで、残念な点は今のところ見つかっていません。

しかしながら、やはり麻はシワになりやすいです。

でもそのシワもいい風合いを出しています。

 

大事な睡眠を取るためには、寝具選びもとても大切です。

素材はたくさんありますが、一年中快適に過ごせる麻をおすすめしたいです。

無印良品の少し光沢があって、おしゃれさも兼ね備えている麻平織シリーズ。

色もたくさんあるのでぜひ覗いてみてください。

ABOUT ME
Hasumi_cw
大好きな旅行になかなか行けず、ストレスが溜まる日々。 その中でヨガと瞑想の凄さを実感し始め…なんだか浄化されてきた! イライラせずに、ゆるやか〜な毎日を送りたいと色々模索中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA