休養

オムロンのエアマッサージャー(フット用)を使った口コミをご紹介!足の疲れに

疲れた足のケアってどうしていますか?

一日の疲れやむくみをリセットしようと思っても、足を自分で揉むのは結構力がいって大変ですよね。

今回の記事では、空気圧を使って足の疲れやむくみを解消することができるオムロンのエアマッサージャー(フット用)をご紹介します。

オムロンのエアマッサージャー(フット用)とは?

エアで膨らんで圧縮

空気圧を使ってマッサージを行う、エアマッサージャー。

空気が入るとエアマッサージャーが膨らんでいくことで、つけた部分はぎゅうっと絞られるように圧迫されます。

空気が抜けると、解放され、また空気が入ると圧縮…というように、圧縮→解放→圧縮→解放…と繰り返していくことで血流をよくし、疲れやむくみを取るマッサージ器です。

空気で圧縮するため揉み玉が必要なく、コンパクトで持ち運びしやすいのが特徴です。

 

オムロンのエアマッサージャー(フット用)の使い方は?

ガイドに合わせて装着

オムロンエアマッサージャーは、やわらかな布素材でできており足に巻き付けることで使用します。

ガイドに合わせてかかとを合わせたらあとは巻き付けて面ファスナーで留めていくだけとつけ方も簡単。

収納袋つき

専用の収納袋もあるので見た目もすっきり収納できますよ。

オムロンのエアマッサージャー(フット用)の効果は?

強さとモードは3種類

オムロンエアマッサージャーは揉みの強さを強、中、弱から選ぶことができます。

私的には「弱」でちょうどよいぐらいで、「中」でもかなり強かったので「強」は使ったことがありません。

動作モードも3種あるので、疲れた部位に応じて使い分けることができます。

①もみほぐし

足首・ふくらはぎ、足先の順で圧縮し、全ていっぺんに空気を抜くモード。

足全体をもみほぐし、疲れ解消に。

②しぼりあげ

足先、足首、ふくらはぎと下から順に圧縮し、足を絞り上げていくモード。

むくみの解消に効果的。

③もみほぐし(ふくらはぎ)

ふくらはぎに特化しかもみほぐしモード。

足首、ふくらはぎのみ圧縮されるので足裏がくすぐったい人にも。

強さの3段階と、モードの3種をかけ合わせて自分に合ったほぐし方を見つけてください。

オムロンのエアマッサージャー(フット用)の温め機能

足裏を温めながらマッサージ

足が疲れているときには血行が悪くなっていて足先が冷えることも多いですが、オムロンエアマッサージャーには足先にヒーターが内蔵されており足先を温めながらマッサージを受けられます。

ヒーターは常に稼働しているわけではなく「あたため」のスイッチを押したときのみに稼働するので、暑いときには使わないことも可能です。

足が疲れている時はそれ以外も部位も疲れていることも多いのですが、自分で揉まずエアマッサージャーのスイッチを入れるだけで済むのは非常に助かります。

オムロンのエアマッサージャー(フット用)の価格

足専門のエアマッサージャーは「パナソニックのレッグリフレ」も有名ですが、こちらの方が若干価格が安く販売されている店舗が多そうです。

皆様も大事なツボが集中し第2の心臓とも言われる足をしっかりケアして明日も元気に過ごしてはいかがでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA