睡眠

【これからの季節、必見】寒さ対策におすすめの寝具とは?

寒い冬の季節、寝ようと寝床についたときに寝具がヒンヤリしていて、なかなか眠れないということはありませんでしょうか。

快適な睡眠をとるためにも、寒いなかでの睡眠は避けたいところです。

今回は、寒さ対策におすすめの寝具などについてご紹介していきます。

寒い冬には冬用の寝具を利用する

毛布

夏には冷感素材などのアイテムがたくさん販売されていますが、冬になると冬用の寝具もたくさん販売されています。

遠赤外線効果で暖かくなったり、保温力に優れていたり、アイテムの種類も様々です。

例えば、布団や毛布、敷パッドにあったか機能がついているアイテムなどが、冬に活躍します。

床冷えに注意!

ベッド

冬の眠るときの寒さは床冷えからきている場合もあります。

寒さ対策には冬の寝具アイテムを利用することもおすすめですが、床冷えしないように対策することも重要です。

例えば、すのこのベッドは通気性がよいものの、冬には床からの冷気が寒く感じることもあります。

また、高さがないベッドや布団なども床にたまった冷たい空気の影響をうけやすい可能性も。

床冷えが気になるという方は、なるべく布団や低すぎるベッドは避け、ある程度の高さのベッドにすることで寒さ対策につながるかもしれないです。

布団と毛布の順番を変える

毛布

皆さんは、布団と毛布をどうやってかけて寝ているでしょうか。

毛布の上に布団をかけているでしょうか。それとも、布団の上に毛布をかけていますでしょうか。

毛布の上に布団をかけているという方もいらっしゃると思いますが、寒さ対策としては布団の上に毛布をかけることがおすすめです。

布団の上に毛布をかけることで、保温効果につながる可能性があります。

アルミシートを敷く

アルミシートを敷布団の下に敷くことが、床冷え対策になる場合があります。

しかし、アルミシートを敷くことで保温効果につながる可能性はありますが、ずっとアルミシートを敷いたままにしているとカビの原因になる可能性もありますので、注意が必要です。

先ほどもご紹介しました通り、床冷えから寒さがきている可能性もあります。

床冷えが寒さの原因の場合は、冬用の暖か機能のついた敷パッドやアルミホイルを敷いて対策することがおすすめです。

寒さ対策をして冬も快適な睡眠をとろう

ベッド

冬は寒くて快適な睡眠がとれないという方は、あたたかい冬用の寝具を利用して対策してみるのも良いかと思います。

また、今回ご紹介しました「布団の上に毛布をかける」など簡単にできる対策もありますので、こちらも参考になさってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA