睡眠

【睡眠の自己分析ができる!】睡眠アプリのおすすめポイントについて紹介!

睡眠アプリというものをご存知でしょうか?

睡眠アプリを使うことで自分の睡眠に関する分析ができて、睡眠の質を向上させるために何が必要なのか見つけられます。

本記事では睡眠アプリのおすすめポイントやおすすめのアプリについて紹介します。

睡眠アプリのおすすめポイント

スマホのアプリ

睡眠の質を向上させるのに何が必要なのか知れる点が睡眠アプリの最大のおすすめポイントです。

睡眠アプリを使うと以下の情報を取得できます。

・睡眠時間

・就寝時間、起床時間

・レム睡眠、ノンレム睡眠

・いびき

基本的には4つのうち上3つはどの睡眠アプリでも情報を取得できますが、無呼吸症候群などの健康面の指標を調べるため、いびきも計測できる睡眠アプリを導入することをおすすめします。

睡眠アプリを導入すればどんな睡眠サイクルで自分がいつ目覚めやすいのかがわかるので、就寝時間と起床時間をうまくコントロールできるようになり、質の高い睡眠が確保できます。

 睡眠アプリを起動して寝ることで、睡眠に関するデータの情報が得られる

⇒睡眠の質を向上させるために何が必要かわかる

おすすめの睡眠アプリ3選

ベッドでスマホを触る女性

おすすめの睡眠アプリを3つ紹介します。

熟睡アラーム

睡眠の記録を専用のサーバーで管理しているため、PC上でも情報をチェックすることができるのが最大の特徴です。

また、熟睡しやすいように80種類以上のヒーリングサウンドを再生できるため、決めた睡眠時間の通りに眠れないという状況を最低限に抑え、起床時もスマートアラームというアプリで浅い睡眠を感知した時に設定時刻より早くアラームがなる機能によって、睡眠時間に合わせた時間に起床できます。

Sleep Cycle

スマホ内臓のマイクや加速度センサーを活用して、音や動きを拾って眠りの深さが分析できます。

通常睡眠アプリは睡眠に関する範囲までしか測定できませんが、Sleep Cycleは運動と睡眠には深い関係があることから万歩計の機能も搭載されています。

睡眠サイクルアラーム

睡眠サイクルアラームは初めて睡眠アプリを使うという人におすすめできる睡眠アプリで、自分の起床したい時間にアラームをセットするだけでいいので非常に使いやすいです。

〇時〇分~△時△分という形でアラームを設定して、その範囲内で睡眠が浅くなったとアプリが判断した時にアラームが鳴ります。

まとめ

起床する女性

スマートフォンが普及して、今では自分の睡眠時間をアプリ1つで分析できるようになりました。

睡眠アプリを使って快適な睡眠を確保してみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA