睡眠

【悩んでいる人必見!】睡眠時間が長くなってしまう原因とは?

皆さんの睡眠時間はどのくらいでしょうか?人によって睡眠時間はさまざまかと思います。

睡眠時間が人より長いと思う方は、ロングスリーパーの可能性もありますが、他の可能性もあります。

以下で、睡眠時間が長くなってしまう原因について解説していきましょう。

睡眠時間はどのくらい?

時計

睡眠時間は人によってさまざまですが、日本人全体の平均の睡眠時間は6時間台が多いです。

皆さんの睡眠はこれよりも長いでしょうか、短いでしょうか。

一般的に9時間以上睡眠の方はロングスリーパー、6時間未満睡眠の方はショートスリーパーといわれています。

睡眠時間が長くなってしまう原因とは?

ベッド

睡眠時間が長くなってしまう原因は、ロングスリーパーという可能性もありますが、そのほかにもさまざまな原因で睡眠時間が長くなってしまっている可能性もあります。

人によっては、6、7時間睡眠で足りるはずなのに、長時間睡眠をとってしまっている場合もあるのです。

その場合は、ストレスや質の悪い睡眠などが関係している可能性もありますが、人によって原因もそれぞれ違うでしょう。

以下では、睡眠時間が長くなってしまう原因について詳しくご紹介していきます。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている場合は、長時間睡眠になってしまう可能性があります。

日頃からストレスの多い環境で過ごしている方や、ストレスの原因が分かっている方などは、ストレス発散をしていないとストレスが溜まっていってしまっているでしょう。

ストレスが溜まっていると、ベッドに行って眠ろうと思ってもなかなか眠れないという場合もあります。

またストレスが溜まっている状態では、ぐっすり眠れずに悪い質の睡眠になってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

ストレス発散できる趣味をみつけたり、可能な範囲でストレスの原因を解決したりすることで、ストレスを軽減できる可能性があります。

睡眠時間が不規則

睡眠時間が不規則な場合は、長時間睡眠になってしまう可能性があります。

睡眠時間が不規則な人の中には、毎日の就寝時間や起床時間が決まっていなかったり、土日と平日で睡眠時間が違ったりしている人もいるでしょう。

不規則な睡眠により疲れがとれにくくなってしまうと、朝もなかなか起きられない可能性があります。こういったことも長時間睡眠の原因になり得るため、規則正しい睡眠時間が重要です。

まとめ

ベッド

睡眠時間が長いと思う人は、さまざまな原因により長時間睡眠になってしまっている可能性があります。

今回ご紹介しました睡眠時間が長くなってしまう原因以外にも、長時間睡眠の原因になり得ることはいろいろとあります。長時間睡眠が気になるという方は病院で診てもらうとよいでしょう。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA