ダイソー

【スポンジがぷるぷる!?】ダイソーのメイクスポンジがマスクメイクの救世主だったのでご紹介!

新型コロナウイルスの影響で、マスクが手放せなくなった今年。
乾燥からの肌荒れ等、マスク生活によるお肌やメイクへの影響は、とても大きいですよね。

中でも、皆さんはマスクによる「メイクの崩れ」にお悩みではないでしょうか?

私の一番の悩みは、この「メイクの崩れ」

マスクによって肌が荒れてしまい、ファンデーションを厚塗りしてカバー。
しかし、マスクの中で呼吸をしていると、蒸れてファンデーションがヨレヨレに。

さらには肌荒れまで加速してしまう・・・。

「この悪循環をどうにかしよう!」と、思い切って厚塗りをやめることを決意した私。

そんな時に出会ったのが、ダイソーの「メイクアップスポンジ」です。

「安いから」という理由だけで購入しましたが、使ってみてビックリ!
今では、いつものメイクに欠かせないアイテムになりました♪

今回は、私が実際に購入して良かった点・気になった点も合わせてご紹介していきますので、気になった方は是非検討してみてくださいね!

こちらが、ダイソーの「メイクアップスポンジ」

ダイソー「メイクアップスポンジ」
チャック付きで清潔に保管可能
持ちやすく細かい部分もOKなダイヤモンド形

カラフルなスポンジが、1つのパックに15個入っています。

なんと言っても、1個=約7.3円という安さが魅力。
躊躇無く使い捨て出来るお値段が助かります!

「スポンジをいちいち洗うのが面倒!」という、ズボラな方にオススメですよ!笑

私が購入したのはダイヤモンド形ですが、他にもしずく形やハウス形もありました。
自分の使いたい場所や用途によって選べるのが嬉しいですよね!

カラーもビビッドではなく、ややくすんだようなパステルカラーがかわいい♪

大量に陳列してあり、人気商品なのが分かります

そしてこのスポンジの一番のポイントは、「水に濡らして使える」ということ!

「濡れたスポンジでメイクしたら、さらに崩れやすくなるんじゃ?」と不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、濡れたスポンジは柔らかさがアップ!
ファンデーションをムラなく塗りやすく、より密着させてくれるんです。

それでは、実際にスポンジを濡らしてみましょう!

内側まで浸透するように、しっかりと濡らすのが大事。
水を含んだスポンジは、ギューッとかたく絞ってから使います。

通常の乾いた状態のスポンジとの比較がこちら。

左:濡らしたスポンジ 右:乾いたスポンジ
厚みもアップ

水を吸ってひと回り大きく膨らんでいるのが分かりますよね。

触ってみると、まるでお餅のような触り心地!
もっちりとした弾力が気持ち良いです。

指に吸い付くような感触が新鮮

水に濡らしたスポンジでメイクをすると、薄付きでしっとりとした仕上がりに。

ファンデーションもヨレにくく、ナチュラルな質感のお肌になれました♪

もちろん、しっかりカバーしたい時には乾いた状態でも使えます。

水に濡らさなくとも、スカスカではなく適度な弾力が◎
そもそも、スポンジ自体のクオリティが高いです!

ギュッと目が詰まった表面

しかし、使う時には注意すべきポイントも。

水を吸ったスポンジは吸水率が高いので、リキッドファンデーションなどを直接スポンジにつけてしまうのはNG。

スポンジがファンデーションも吸収してしまい、上手く塗ることができません。

指でチョンチョンと肌の上にのせてから、伸ばすようにしてください!

私はこのスポンジで隠したい部分にのみ、薄くファンデーションを塗っています。
ファンデーションも少量で済み、とにかくぷるぷるな触り心地にヤミツキ。笑

メイク崩れ・肌荒れの悩みも改善しつつあるので、本当に買って良かったです!
使い切ったら、また買って来ようと思います♪

今回はダイソーの「メイクアップスポンジ」の良い点・気になった点をまとめましたが、いかがだったでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです♪
それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA