睡眠

【やり方の解説アリ】デジタルデトックスで睡眠と生活の質を上げよう!

今、あなたはこの記事をスマホから見ていますか?それともタブレットやパソコンからでしょうか?

私たちの生活に欠かせないスマホなどのデジタル機器ですが、寝る前にディスプレイを見ているとブルーライトで目が冴え、寝つきにくくなると言われています。

今回はそんなデジタル機器から距離を置いて、睡眠の質を上げたり、生活からストレスを減らしたりする方法であるデジタルデトックスについてお伝えしますね。

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは何でしょうか?

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。 引用元:DIGITAL DETOX JAPAN

このようにデジタル機器から精神的や物理的に距離を置くことをデジタルデトックスと呼んでいます。

デジタル機器を使わずに生きていくとか、手放そうとかということではないんですね。

たとえば、電車での通学・通勤中になんとなくスマホを手に取ったりするのをやめるだけでもいいですし、キャンプに出かけてその間はスマホを触らないなど1日単位でも行えます。

デジタルデトックスの効果

デジタルデトックスをすると何がいいのでしょうか?

睡眠の質が向上する

スマホやパソコンは使い方によっては便利で役立つことも多いですが、SNSをダラダラと見たりして時間泥棒になることもあるんですよね。

特に寝る前になんとなくスマホを見ている方は、実は知らず知らずのうちに睡眠の質が落ちたり、睡眠リズムが乱れている可能性があります。

デジタルデトックスをする日は、リラックスした気持ちになれるかもしれませんね。

ストレスが減り、気持ちがスッキリする

実際にデジタルデトックスをしてみるとわかるのですが、スマホやパソコンは想像以上にストレス源になっています。

仕事の連絡などはもちろん、LINEやSNSなどプライベートなやりとりも離れてみると、とてもスッキリした感覚が味わえるんですよ。

また、ネット上ではないオフラインでのリアルな人とのやりとりに集中できるというメリットもあります!

デジタルデトックスのやり方

やり方はたくさんありますよ

スマホ・パソコンと距離を置く

夜、帰宅してなんとなくスマホを見ている時間を読書に変える。

いつもよりゆっくりお風呂に入ってみる。

家族と普段よりたくさん会話してみる。

このように気楽な感じでOKです!

気合を入れてスマホやパソコンを触らないようにしなきゃいけないというわけではありません。

キャンプをする

自然の中でキャンプをして、一泊二日でデジタルデトックスをするのもおすすめです。

キャンプはアナログなので、テントを立てたり料理をしてご飯を食べるのにもひと手間がかかり、便利じゃないからこその味わいがあります。

そして、木々の木漏れ日であったり、大きな空を見上げたりしていると気持ちが安らぎますし、スマホに束縛されないゆったりとした時間を過ごせます♡

まとめ

いかがでしたか?

私はライターという仕事柄、パソコン作業は必須ですが、やはり趣味のキャンプに出かけてパソコンやスマホから距離を置くとかなり気持ちがスッキリして気持ちがいいです。

みなさんも何か自分なりのスマホから距離を置く時間や日を作ってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうざいました。

ABOUT ME
yukishi85
Webライター。不眠症の治療経験あり。現在は服薬も終了し、趣味のキャンプやヨガを満喫しています。ブログでも情報発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA