漢字読み講座

「堪能」「店賃」「百舌鳥」さて、これら3つの漢字は何と読みますか?

今回は「堪能」「店賃」「百舌鳥」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「堪能」

「堪能」の読み方をご存知でしょうか?

「たんのう」と読む方が多いのですが、それは慣用読みになります。

慣用読みというのは、間違えて読む人が多いため、認められた読み方です。

それでは、「堪能」の本来の読み方は?

「堪能」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  • 意味は、何かに精通している様子やそういう人のこと
  • 「彼は留学経験があり、英語に堪能である」のように使います

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「堪能」の読み方!正解は!?

正解は「かんのう」です!

冒頭でも述べたように、「たんのう」と読むのは慣用読みで、現在では「たんのう」と読まれることがほとんどです

「堪能(かんのう)」の意味が「その道に精通していること」であるのに対して、「堪能(たんのう)」と読むと、「十分に満足すること」という意味も含まれます。

たとえば「豪華な懐石料理を堪能(たんのう)した」のように使われます。

元々は、満足することを「足んぬ(たんぬ)」と言っていたのが「たんのう」に変化して、「堪能」という当て字が使われるようになったようです。

「たんのう」という読み方には意味が二通りあるので、注意が必要ですね。

2問目はこの漢字!「店賃」

「店賃」の読み方をご存知でしょうか?

「てんちん」「みせちん」?

いいえ、どちらも違います…

さて、あたなには読むことができますか?

「店賃」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  • 「店」の部分の読み方は「店子」の「店」と同じ
  • 意味は家賃と同じで、店や家の借り賃のことです

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「店賃」の読み方!正解は!?

正解は「たなちん」です!

「店」を「たな」と読むのは現代では珍しいのですが、江戸時代にはお店のことを「たな」と書いたりしたようです。

今も「店子(たなこ)」「店先(たなさき)」「店物(たなもの)」などの言葉が残っています。

「店(たな)」という言葉には、商品を陳列する棚の意味も含まれているため、お店の「棚卸し」を「店おろし」と表記することもありますね。

ちなみに、「店賃(たなちん)」というとお店の家賃を連想しますが、一般家庭の家賃のことも含みます

最後はこの漢字!「百舌鳥」

「百舌鳥」の読み方をご存知でしょうか?

当然ですが「ひゃくしたどり」ではありません。

「鳥」とついていることから、鳥の種類のようですが…

さて、あなたにはわかりますか?

「百舌鳥」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇」の2文字です。
  • 身近に生息する、メジャーな鳥の種類です。
  • スズメより少し大きくて、丸い体つきをしています。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「百舌鳥」の読み方!正解は!?

正解は「もず」です。

3文字の漢字なのに、読み仮名は2文字!?と驚く人もいるかも知れませんね。

そもそもは「百舌(もず)」と2文字で表されていたのですが、それでは何のことか分かり辛いため「鳥」の1文字を追加して「百舌鳥(もず)」になったようです。

今でも「百舌(もず)」と表記することもあります。

また、「鵙(もず)」とも書きます。

丸っこくて可愛い姿の百舌鳥ですが、見かけによらず肉食だそうですよ。

他の鳥の鳴き真似をするのが上手いことから「百の舌を持つ」という意味で「百舌」という字が当てられました。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA