漢字読み講座

「点てる」の読み方は?まさか「てんてる」と読んでいませんよね?

「点てる」の読み方をご存知でしょうか?

「点」という字は小学校2年生で習う超基本的な漢字なので、日本人で知らない人はまずいないはず。

しかし「点てる」は読めない…

そんな方もきっと多いに違いありません。

さて、あなたには読むことができますか?

「点てる」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇てる」の3文字
  2. お茶を点てる
  3. 「野点」は何と読む?

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね

「点てる」の読み方!正解は!?

正解は「たてる」です。

ヒントの3番は「のだて」と読みます。

「野点(のだて)」は、野外でお茶をたてたり、野外で行う茶会のことです。

しかし「点(た)てる」という字を使うのは抹茶の場合だけで、コーヒーや麦茶、煎茶などには使いません。

なぜ抹茶の場合だけ「点」という字を使うのでしょうか?

その理由は抹茶のたて方にあります。

抹茶をたてる際には粉末の抹茶を少し器に入れて、少量のお湯を注いで茶筅(ちゃせん)で泡立てます。

「点」という字には「点眼」「点滴」のように「少量の」という意味があるため、抹茶を立てる場合は「点てる」という字が使われるのです。

漢字は本当に、面白くて深いですね…

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA