漢字読み講座

【今日の難読漢字】「奢侈」「頻りに」「或いは」。どれも読めそうで読めない・・・。

今日の難読漢字は

「奢侈」

「頻りに」

「或いは」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「奢侈」!

難読漢字の中には、読めないけれど意味が分かるものってありますよね?

 

今回の漢字もその部類に入ると思いますが、漢字がもつイメージはなんとなく「セレブ」感が漂っています。

 

というのも、1文字目の「奢」という字は「奢る(おごる)」という言葉でもお馴染み、「お金を持っている人が他の人の食事代も払う」ことですね。

 

この意味に加えて、2文字目は「侈」という字で、読み方が分からなくても「多い」に似ているんですから、「奢る回数が多い」と思っても良さそうです。

 

さあ、イメージが膨らんできたところで、ヒントを確認していきましょう!

 

奢侈」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇」の3文字です。

意味は「贅沢」です。

 

奢侈」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しゃし」です!

 

「奢侈」とは、「度を過ぎて贅沢すること」や「収入を超えてお金を費やすこと」という意味があります。

 

「奢侈品」というような言葉もありますが、年収に見合わない1つ何百万円もする高級時計や高級スポーツカーなどがこれに当たります。

 

でも、ローンにはなるかもしれませんが、自分へのご褒美として金額が高い買い物をすることだってたまには必要ですよね!

 

次の難読漢字は「頻りに」!

まさにザ・難読漢字と言える「頻りに」という漢字。

 

クイズ番組の最終問題で出題されてもおかしくない、読めそうで読めない、かなり難しい漢字です。

 

「頻度」という言葉は一般的によく使いますが、「頻」という字には「しばしば」や「何度も」といったような意味があります。

 

でも、そんな意味をもつ言葉で「りに」が送り仮名がつくもの、ありましたっけ??

 

頻りに」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇りに」の4文字です。

「何度も何度も」という意味があります。

 

頻りに」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しきりに」です!

 

「頻りに」という言葉は、「度々」「何度も」「繰り返し」という意味の他、「むやみに」と訳される副詞ですね。

 

話し言葉では使われませんが、少し畏まった文章では「頻りに頭を悩ます〇〇だ」など使いますね。

 

難読漢字はどれも難しくて諦めそうになりますが、これからも「頻りに」チャレンジしていってくださいね!

 

最後の難読漢字は「或いは」!

 そのままサラッと読める人もいれば、「一方で」読めない人もいる。

 

「或いは」という漢字はそんな言葉なんです!

 

・・・いきなり何を言っているんだと思われるかもしれませんが、これが最大のヒントでしょうかwww

 

漢字の部分だけ取り出した「或」という字は、「不確かなもの」や「未知なもの」という意味があるんですが、ここに注目してしまうと難易度が上がってしまいます。

 

ここはシンプルに考えてみれば、「或いは」答えが見えてくる!?

 

或いは」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇いは」の4文字です。

「または」「一方で」という意味があります。

 

或いは」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「あるいは」です!

 

「或いは」とは、接続詞として日常的にもよく使う言葉ですね。

 

前置きした言葉を言い直すときや話を転換するときに使いますが、「或いは」なんて発した日には「探偵か!」と突っ込まれること間違いなしです。

 

「犯人はAさんか、或いはBさんしかいない。或いはCさんかも・・・」

 

「或いは」を使いすぎると、優柔不断な人になるので要注意ですねwww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA