漢字読み講座

「思しい」の読み方は?「おもしい」と読まないように注意!

「思しい」の読み方をご存じでしょうか?

何の疑いもなく「おもしい」と読んだあなたはとても素直な方ですが、間違いです。

「思」は小学2年生で習う簡単な漢字ですが、意外な読み方があるんですよ。

さて、あなたには読むことができますか?

「思しい」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇しい」の4文字です。
  2. 「~と思われる」「~だと推定される」といった意味。
  3. 「犯人と思しき人が走り去った」のように使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「思しい」の読み方!正解は!?

正解は「おぼしい」です。

日常の会話で使うことはあまりありませんが、「犯人と思しき人」という使い方はニュースなどで時々耳にしますね。

「おぼしい」よりも「おぼしく」や「おぼしき」という形で使うことが多いようです。

他の用例としては「食後と思しく、テーブルには箸や茶碗が置かれていた」「二人は姉妹と思しく、顔立ちがよく似ていた」などがあります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA