漢字読み講座

「燥ぐ」って読めますか?「そうぐ」とだけは読まないでくださいね・・・

「燥ぐ」って、見慣れない漢字ですよね。

ただ、読み方を聞けば日常よく使う言葉だと分かりますよ。

「燥ぐ」の「燥」は、「乾燥」の「そう」ですよね。

だからつい「そうぐ」と読みたくなってしまいますが・・・違います!

さっそく読み方を見ていきましょう。

「燥ぐ」の読み方のヒントは・・・?

  1. 「燥ぐ」とは、「調子に乗って騒ぐ、ふざける」と言う意味をもっています。
  2. 「燥ぐ」のもう1つの意味は、「乾燥する、乾く」です。

「乾燥」の「乾」は「乾く(かわく)」という意味ですが、「燥」にも同じような意味があります。

そのため②のように「燥ぐ」と書いて「乾燥する」という意味になるんです。

ただ、一般的な「燥ぐ」は、①の意味で使われます。

例えば、「子供が新しいおもちゃを買ってもらって燥いでいる」など・・・

さあ、分かりましたか?

「燥ぐ」の読み方の答えは・

正解は、「はしゃぐ」でした!

「乾燥」の「燥」で「はしゃぐ」なんて、意外ですよね。

現在は「燥ぐ(はしゃぐ)」というと無邪気で可愛らしい印象がありますが、本来は「浮ついて悪ふざけする」ような良くない騒ぎ方を指す言葉なんですよ。

また、「燥ぐ(はしゃぐ)」には「乾燥する」という意味もありますが、現在そういう意味では使いませんよね。

島崎藤村の『破壊』の中にそれはめずらしく燥いだ風のない日で…」という1文があります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA