漢字読み講座

「燻ぶる」の読み方は・・・?「くんぶる」と読んだあなたは不正解!でもとても惜しいですよ!

「燻ぶる」・・・パッと見て読める人は少ないのではないでしょうか?

「燻製(くんせい)」の「燻(くん)」だから、くんぶる」

そう考える人が多いはず。

でも残念!間違いです・・・

ただ、とっても惜しい!

何て読むのか、さっそく見ていきましょう!

「燻ぶる」の読み方のヒントは・・・?

ヒントは、「燻」という漢字の意味にあります。

「燻」は、音読みだと「くん」、訓読みだと「いぶし」と読みます。

「物を焼いて煙を出すこと」「煙が多く出るように燃やすこと」を意味しています。

「燻製」は、食材を炎で焼くのではなく煙でいぶして作られた料理ですもんね。

「燻ぶる」も、炎が燃えずに煙が出ている状態を表す言葉ですよ!

「燻ぶる」の読み方の答えは・・・

正解は、「くすぶる」でした!

「燻ぶる」には、「物がよく燃えずに煙ばかり出る」という意味の他にも次の意味で使われます。

  • 身なりが小汚い様子⇒(例)燻ぶった彼女は別人のようだった
  • 争い事が表面化せずに、解決しないまま水面下で続いている様子⇒(例)不満が燻ぶる
  • 地位や状態が低迷してその場にとどまっている様子⇒(例)まだ見習いで燻ぶっている
  • 閉じこもって陰気に過ごす⇒(例)1日中家の中で燻ぶっている

色々な使われ方がありますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA