漢字読み講座

「蝸牛」って読めますか?ある生物の名前ですが、牛ではないのでご注意を・・・

生き物の名前って、「猫(ねこ)」や「狸(たぬき)」などよく知られているものだけでなく、難しくて読めない漢字のものも多いですよね。

それでも使われている漢字を見れば、何となく連想できるものも多いもの。

例えば、縞(しま)の馬で「縞馬(しまうま)」。

百本の足があると書いて「百足(むかで)」など・・・

ただ、「蝸牛」という漢字を見ても、どんな生き物か見当もつかないですよね・・・

何と読むのか、さっそく見ていきましょう!

「蝸牛」の読み方のヒントは・・・?

  1. 手のひらに乗るほどの小さな生き物です!
  2. 蝸牛の別の読み方は「かぎゅう」。人間の耳の中にある「蝸牛管(かぎゅうかん)」は、ぐるぐる渦を巻いた貝殻のような形状で、「蝸牛」に似ていることからそう呼ばれています。
  3. 牛とは似ても似つかない大きさだけど、角があるのが共通点

ぐるぐる渦を巻いた貝と角をもった手のひらに乗るほどの生き物・・・

もう分かりましたよね?

「蝸牛」の読み方の答えは・・・

正解は、「かたつむり」でした!

確かに、牛とは似ても似つかないサイズ感。

それでも角を持つ共通点があるから、「牛」の字が使われるなんてユニークですよね。

ちなみに蝸牛の殻の渦は、右巻きが多いんですって!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA