漢字読み講座

【これは難しい!夏目漱石ファンなら分かるかも?】「沙翁」、これはいったい何と読む?

今回の漢字はかなり難しい、「沙翁」。

 

一見、「さおう」や「しゃおう」とも読めるこの漢字、間違ってはいませんが、ずばりの名称があるんです。

 

タイトルにも書きましたが、ヒントは夏目漱石。

 

彼の作品を全て読みつくしている方にはサービス問題かもしれませんが、そうじゃない人は頑張って考えてみてください!

 

「沙翁」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① ずばり人物名です。

ヒント➁ 「〇ェイ〇〇〇〇」の7文字です。

ヒント③ ロミオとジュリエットといえば?

 

「沙翁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「シェイクスピア」です!

 

「シェイクスピア」といえば、世界的に有名な劇作家・詩人ですね。

 

フルネームは、「ウィリアム・シェイクスピア」で、誰もが知る「ロミオとジュリエット」などの名作を作った作家として知られています。

 

彼が活躍した時代は1600年前後のイギリス。

ルネサンス演劇を代表する人物の一人で、卓越した内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われているそうです。

 

「シェイクスピア」の代表作は「ロミオとジュリエット」の他にも、四大悲劇「ハムレット」「マクベス」「オセロ」「リア王」や「ジュリアス・シーザー」など、数多くの名作が今でも残っていて、映画にもなっていたりしますよね。

「沙翁」、偉大です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA