漢字読み講座

【東雲】「ひがしぐも」ではありません!本当の読み方分かりますか?

漢字クイズのお時間です。

今回ご紹介するのは「東雲という漢字です。

「東」も「雲」も何度も目にしたことのある漢字だということもあり、簡単に見えるかもしれません。

しかし、正しい読み方は「ひがしぐも」ではありません。

実は「とううん」でも正解なのですが、今回はより一般的な読み方を考えていただきます。

あなたはこの漢字の読み、分かりますか?

東雲」の読み方のヒントは?

正直この字面から読みを考えて導き出すのは非常に難しいので、ヒントも非常に出しづらいです。

あえて言うなら文字数くらい。

合わせて4文字、「し」で始まって「め」で終わります。

「し〇〇め」

お分かりでしょうか…?

正解は…

正解は…

しののめ

でした!

「明け方に東の空にたなびく雲」や「明け方」を指す言葉です。

かの有名な『枕草子』の冒頭では春は明け方が趣深いと記されていますが、これには現代の私たちの感性でも十分に共感できます。

みなさんは東雲、好きですか?

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA