漢字読み講座

【倫理の「倫」に「敦」?なんだか人の名前みたいですね!】「倫敦」、あなたは読めますか?

そのまま読むと、「りんとん」ですが、訓読みにすれば誰かの名前のようにも見えますね。

 

でもこれは、偉人などの名前ではありません。

 

倫理の「倫」は「人が修め、守るべきみち」のような意味があり、「敦」には「手厚い」のような意味があります。

 

この2文字の組み合わせだと、何か大切な教えのようにも思えてきますが、正解はどうでしょうか!?

 

「倫敦」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これは都市の名前です。

ヒント➁ 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント③ バッキンガム宮殿があるところです。

 

「倫敦」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ロンドン」です!

 

「ロンドン」といえば、世界史などでも習った「産業革命」がヨーロッパでいち早く起こったイギリスの首都です。

 

「ロンドン」は歴史的にも古く、世界文化遺産がなんと4つもある都市ということを知っていましたか?

どれもとても有名ですが、ロンドン塔、キューガーデン、ウェストミンスター宮殿、グリニッジ。

このグリニッジは天文台があった場所として登録されていますが、皆さんご存じ、世界地図の緯度(縦の線)の始まりの場所。

 

このことから、「ロンドン」は今も昔も名実ともに「世界の中心」といっても過言ではありませんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA