漢字読み講座

「遡上」の読み方は?「遡」は「朔」に似ているので「さくじょう」?

遡上」は何と読むか知っていますか?

「遡」は、「八朔(はっさく)」や「朔日(さくじつ)」に使う「朔(さく)」というという漢字に似ています。

そこで、つい「さくじょう」と読みそうになりますが、残念ながら不正解です。

「遡上」の読み方は?ヒントはこちら

「遡上」の意味は、急な流れに逆らって上っていくことです。

たとえば「鮭が川へ遡上していく」のように使ったり、津波が内陸へ上がっていく際の高さを「遡上高」と呼んだりします。

「遡上」の読み方の字数は「〇〇〇〇」の4文字です。

「遡上」の読み方!正解は…?

正解は「そじょう」です!

漢字を見てもなかなか読みづらいですが、読み方を聞くと、ピンときた人も多いかも知れません。

「遡」という漢字は「さかのぼる」「むかう」「さからう」などの意味を持ちます。

「遡」から始まる言葉には、過去までさかのぼるという意味の「遡及(そきゅう)」などもありますね。

「遡及(そきゅう)」は結構、耳にする言葉なのではないでしょうか?

「時間の流れに逆らって過去へさかのぼる」ことを「川の流れに逆らって上る」という意味に例えた言葉なのですね。

こうして考えると、漢字って深いなぁと思います。

これからも深面白い漢字を、どんどん紹介していきますね!

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA