漢字読み講座

「蟋蟀」は何と読むかわかりますか?「さいりつ」ではありませんよ

「蟋蟀」は何と読むかご存知でしょうか?

画数が多くて複雑な漢字ですね。

よく見ると、二文字とも虫偏が付いているので、虫に関する言葉でしょうか…

さて、あなたは読むことができますか?

「蟋蟀」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 秋になると涼やかな声で鳴くメジャーな虫といえば?
  3. 「きりぎりす」とも読みます

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「蟋蟀」の読み方!正解は!?

正解は「こおろぎ」です!

都会でも少し茂みがあれば、こおろぎの鳴き声が聞けることがあります。

コロコロと澄んだ美しい鳴き声を聞くと、秋だな~って感じますね。

 

「蟋蟀」のもう一つの読み方として「きりぎりす」があります。

どうやら昔は「こおろぎ」のことを「きりぎりす」と呼んだようです。

こおろぎとは鳴き声も姿も全く違うのに、不思議ですよね。

 

なぜかというと、こおろぎは夜に鳴く虫ですが、きりぎりすは昼に鳴きます

にもかかわらず、古歌にきりぎりすが登場する背景は必ず夜なのです。

 

「きりぎりすいたくな鳴きそ秋の夜の長き思ひは我ぞまされる」(古今集)

たしかに、背景が夜なのにきりぎりすが鳴いていますね…

詳しく説明するとかなり長くなるのでここでは省きますが、興味のある方は調べてみてください。

漢字の世界は本当に奥深いです。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA