漢字読み講座

「一縷」ってなんて読む? 残念ながら『いちまつ』ではありません!

「一縷」の「一」は(いち)という読み方で合っています。

実は「一縷」は気持ちを表せている言葉です。

そして他の言葉に言い変えると、最後の希望という意味です。

生活していくうえで、この緊張感が続くとストレスにもなり、そして適度な負荷にもなります。

実はよく使う事がある言葉ですが、間違って覚えている場合もあります。

「一縷」をあなたは読めますか?

「一縷」読み方のヒントは?

タイトルにもあるように、「いちまつ」ではありません。

しかし「いちまつ」と間違えて覚えている人が多いです。

そして「いちろ」でもありません。

「一縷」読み方のもうひとつのヒントは?

自分では精いっぱいやっているけど、奇跡が起こらない限り無理そうな時などに、

「いちまつの望み」にかけるのではないでしょうか?

しかし、本来いちまつの望みというのは不正解で

「一縷の望み」が正解になります。

意味はわかっても、読み方が想像できない人も多いかもしれません。

「一縷」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「いちる」

です!

 

よく間違って覚えている人が多い、

「一抹の望み」は「一縷の望み」が正解です。

「一縷」の望みは、わずかな希望という意味の時に使うので

プラスの面で使われる言葉です。

 

一方で「一抹」は本来、不安などのマイナス面を表せる時に使う言葉です。

一抹の不安や、一抹の心配がいつまでも消えない。

といった場合に使います。

 

いつの間にか両方が混ざってしまい、間違って覚えてしまったと言う人は

今からでも覚えておきましょう。

 

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA