漢字読み講座

「閲覧」ってなんて読む?読めそうで読ない人が多い漢字です。

かしこまった文章や、知的な文章を読む時に使われることが多い言葉です。

間違ってもアニメや漫画を見る時に、使われるような言葉ではありません。

もっと分かりやすく言えば、自分の教養を高めるため、または知的欲求を満たす時に使われます。

 

見たことはあっても読めそうで読めないこの言葉、あなたは読めますか?

「閲覧」読み方のヒントは?

よく間違われる読み方は(かんらん)です。

「観覧」と「回覧」と混ざってしまい、

(かいらん)と覚えてしまっている人も多いのではないでしょうか?

しかし当然ですが、(かんらん)でも(かいらん)でもありません。

 

どの言葉も、目で見て確かめることには変わりはないです。

「閲覧」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「えつらん」

です!

 

知りたいニュースがあった時に新聞を閲覧したり、

図書館で専門書などを使って調べながら読む時に使います。

図書館には当たり前のように、閲覧コーナーが設けられているのも特徴ですね。

他にもサイトのPV数なんてのは、閲覧者数のことです。

何かを知りたいという気持ちがある時には、閲覧という言葉を使って間違いないでしょう。

 

ちなみに「観覧」は目で見て見物することを指し、美しい景色を眺めたり、美術品やお芝居を鑑賞したりする時に使います。

「回覧」は順番に回して見ていくことです。

連絡事項を回覧していく板を回覧板と言いますよね?

どれも同じで読むことには変わりはありませんが、読む意味によって少しづつ変わって行くので覚えておきましょう!

 

 

 

 

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA