漢字読み講座

【男の子の名前にありそうなこの漢字!もしかして「あおい」?】「蒼生」、何と読むか分かりますか?

「蒼い(あおい)」に「生きる」と書く「蒼生」。

 

「青く生きる」というと、まさに「青春」という感じがしますが、そのままずばり「青春」や「若い時」なんて意味があるのでしょうか?

 

男の子の名前にもありそうな漢字ですが、その場合は「あおい」君が多いと思います。

 

では、単語としての「蒼生」の読み方と意味について、一緒に考えていきましょう!

 

「蒼生」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント➁ 「生」は「せい」と読みます。

 

「蒼生」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そうせい」です!

 

「蒼生」は「蒼く生きる」と書きますが、特段、青春や若かりし頃なんて意味はありません。

もっと単純に「一般の人」とか「大勢の人」という意味です。

 

では、なぜ「蒼生」という言葉が「人」を表すようになったのでしょうか?

 

それは、昔の中国の言葉や古事記に「青人草」という表現があり、「草が生い茂るように人も増える」ことから「若い草=人」が語源となったそうです。

 

年を重ねても、いつまでも青々しく生きる、そんな「蒼生」でいたいものですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA