漢字読み講座

「雹」ってなんて読む? 雨を包むと書いて何でしょう!

雨を包むと書いて「雹」と書きます。

空から降って来るものではありますが、雨を包んだものです。

さて、なんと読むでしょうか?

「雹」読み方のヒントは?

空から降って来るもので、雨でもなければ雪でもないです。

ヒントを言うと、空から降って来る氷です。

というと簡単ですがしかし、空から降って来る氷は二種類あります。

もうひとつ言うと、大きさによって呼び方が変わります。

さあ、なんと読む?

「雹」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ひょう」

です!

 

空から降って来る氷は、「雹」と「霰」(あられ)があります。

直径5mm以上の氷粒の事を雹といい、直径5mm未満の氷粒は霰と言います。

特に雹が降ってきた時は、すぐさま避難しましょう。

酷ければ車のガラスを割ってしまう危険もあるので、できるだけ屋根のある場所に入るかフードなどを被って安全な場所に避難してください。

雹は冬ではなく、5月~7月といった初夏に降る物です。

雹は大きくて重みもあるので、体に当たると大けがに繋がる事もあるので注意してくださいね。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA