漢字読み講座

「霰」ってなんて読む? 霞ではありません!

」ってなんて読むか分かりますか?

霞が関の「霞」によく似ていますが、「かすみ」ではありません。

雨冠が付いているので、自然に関係するものです。

ちなみに「霧」でもありません。

さて、なんと読むでしょうか?

「霰」読み方のヒントは?

雪が関係しています。

霙(みぞれ)ではありません。

霧(きり)でもありません。

さて、なんと読むでしょう?

「霰」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

よく似たものに、「雹」(ひょう)があります。でも、雹ではありません。

もうわかりましたか?

「霰」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「あられ」

です!

 

直径5mm未満の氷粒を霰といい、直径5mm以上の物を雹と言います。

雹は危険なので、すぐに避難しなければいけないイメージですが、霰も危険な物には変わりはありません。

凍っているのでなかなか解けず、上を歩くと滑る危険もあります。

雹や霰が降っている時には、充分注意するようにしておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA