漢字読み講座

「泡銭」「釣果」「浅葱」さて、この3つの漢字は何とよみますか?

今回は「泡銭」「釣果」「浅葱」です。

読めそうで、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「泡銭」

「泡銭」は何と読むかわかりますか?

「あわせん」と読んでしまいそうになりますが、もちろん違います。

では、何と読むのでしょうか…?

「泡銭」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は「〇〇〇〇〇」の5文字です
  2. 悪銭身に付かず
  3. 泡銭が入ったので、今日はおごるよ

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「泡銭」の読み方!正解は!?

正解は「あぶくぜに」です!

人からもらったり、ギャンブルで勝ったりして、苦労することなく得たお金のことを「泡銭(あぶくぜに)」と呼びます。

ヒントに出した「悪銭身に付かず」は、泡銭のことを言ったことわざです。

労せずして得たお金は身に着かない。

一生懸命働いて得たお金だからこそ、必要な物を買ったり、貯金として蓄えたりして身につけることができるという意味です。

ちょっと耳が痛いような気分になりますが、現実では泡銭が入ってくる機会なんてそうそうありません。

もし泡銭が入ることがあったら、友達や家族に美味しい物でもご馳走するのが、良い使い方かも知れませんね。

2問目はこの漢字!「釣果」

「釣果」は何と読むかご存知でしょうか?

「釣」という字がはいっているので「つりか」やと読んでしまいそうですが、間違いです。

釣りによく行く方なら、簡単にわかるかも知れませんね。

さて、あなたは読むことができますか?

「釣果」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 「今日の釣果は20匹です!」のように使います
  3. 釣り用語です

以上3つのヒントで考えてみてください。

「釣果」の読み方!正解は!?

正解は「ちょうか」です!

釣果という漢字から想像はつきますが、意味は釣りの成果のこと。

釣の字を「ちょう」と読むのは、知らない人にはちょっと想像の域を超えていますね。

同じ読み方をする漢字に「釣鉤(ちょうこう)」があります。

釣鉤とは釣り針のことで、釣果と同じく釣り用語ですが、いずれもなかなかの難読漢字。

「今日は20匹つれたよ」と言うよりも「今日の釣果は20匹」と表現した方がプロっぽくてかっこいいですね。

ただし、釣果が少ない時に使うと、逆効果かも…

最後はこの漢字!「浅葱」

「浅葱」は何と読むかご存知でしょうか?

「あさつき」(ネギに似た野菜)と読むこともできますが、今回はもう一方の読み方を答えてくださいね。

「あさねぎ」と読んでしまいそうですが、もちろん間違いです。

では何と読むか、あなたにはわかりますか?

「浅葱」の読み方のヒントはこちら

「浅葱」の読み方は3文字で「あさ〇」です。

「浅葱」は色を表す言葉で、ネギの葉の薄い緑色のことを浅葱と呼びます。

新選組が着ていた羽織の色が、浅葱色として有名になったそうですよ。

ちょっと難しいかも知れませんが、以上のヒントから考えてみてくださいね。

「浅葱」の読み方!正解は!?

正解は「あさぎ」です!

「浅葱(あさぎ)」は「浅葱色(あさぎいろ)」の略語なので、色という文字を後につけなくても、色名として成立してする言葉になります。

江戸時代の日本では、着物の裏地に浅葱色を使うのが定番になりすぎて、おしゃれな人はあえて裏地には使わなかったそうです。

そのため「浅葱裏(あさぎうら)」とは「田舎者の武士」を揶揄(やゆ)する意地悪な言葉だったとか。

しかし現代からすると「浅葱」の裏地は、爽やかでおしゃれな感じがしますよね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA