漢字読み講座

【今日の難読漢字】「沖する」「綻びる」「滴る」「虞」「統べる」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「沖する」

「綻びる」

「滴る」

「虞」

「統べる」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「沖する」

漢字クイズのお時間です。

「沖する」という漢字、読むことができますか?

また、この言葉の意味を答えられますか?

「沖縄」や「沖合(おきあい)」といった単語で見慣れた「沖」という漢字ですが、普段の読みとは少し異なった読み方をします。

いかがでしょうか?

「沖する」の読み方のヒントは?

難読漢字を読む際、字面の難しさやとっかかりのなさに立ち止まってしまうことも多々あるでしょう。

そうした際には「漢字の一部を読んでみる」ことをおすすめします。

例えばこの「沖」という漢字の場合、単体で読むことができる部分は「中」です。

この「中」という漢字の読み方をたどってみましょう。

正解は…

正解は…

ちゅうする

でした!

「中」から「ちゅう」という読みを連想できれば読めたかもしれません。

そして「沖する」という言葉は、「高く立ち上る」ことを示します。

「煙が沖する」のように使います。

ぜひ覚えてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

2つ目の漢字は「綻びる」

漢字クイズのお時間です。

今回の漢字はこちら。

「綻びる」という単語です。

「錠(じょう)」という漢字に似ていますが、読み方は「じょうびる」ではありません。

読めますでしょうか?

「綻びる」の読み方のヒントは?

読み方そのものは字面から連想しづらいので、意味から推測してみましょう。

この言葉の意味は「縫い目がほどける」や「つぼみの状態から花が開きかける」です。

派生で「綻ぶ」という単語もあります。

こちらは「良いことが合ったので、つい口元が綻んでしまった」のように使います。

わかりますでしょうか?

正解は…

正解は…

ほころびる

でした!

「ほころびる」という言葉自体、最近ではあまり使われなくなってきたものの、一度は耳にしたことがあるはずです。

ちなみに、「鳥がさえずる」といった意味もあります。

こう考えると用途が広い言葉だということが分かります。

ぜひこの機会に意味とセットで漢字を覚えてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

3つ目の漢字は「滴る」

漢字クイズのお時間です。

「滴る」という漢字、読むことができますか?

「滴」という漢字は「水滴」「点滴」などで使われますが、「てきる」ではありません。

この漢字の読みの難易度はそれほど高くないですが、覚えておいて損はないので出題させていただきました。

いかがでしょうか?

「滴る」の読み方のヒントは?

この単語の意味は「液体のものがしずくになって落下する」というものです。

雨の日、傘の先から水が滴ったり、大けがを負って血が滴ったり…。

そんなシーンで使います。

もう分かってしまったでしょうか?

正解は…

正解は…

したたる

でした!

できれば血が滴るような状況にはなりたくありませんね。

漢字を覚えることでそんなリスクを回避できるかは怪しいですが、覚えておいて損はない読みであることには間違いありません。

ぜひたくさん漢字の知識を身に着け、「水も滴る」漢字博士を目指してみてください!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

4つ目の漢字は「虞」

漢字クイズのお時間です。

「虞」という漢字、読むことができますか?

かなりいかつい字面なので一見ぎょっとしてしまいますが、絶対に聞いたことがある言葉です。

いかがでしょうか?

「虞」の読み方のヒントは?

この漢字の仲間の漢字をヒントとしてご紹介します。

似たような意味やセットで使われることが多い漢字は、「危」「恐」「惧」などです。

なんとなーくこれらの漢字の雰囲気は感じ取っていただけたでしょうか?

「虞」の意味は「心配」「恐怖」です。

「雨が降ったらあの崖は崩れる虞がある」

のように使います。

分かりましたか?

正解は…

正解は…

おそれ

でした!

通常、「恐れ」と表現しますが、この「虞」や危惧の「惧」の「惧れ」を使う場合もあります。

信じられないかもしれませんが、「虞」という漢字は常用漢字です。

ただ、実際にはあまり使われていないので「常用」とは言い難い漢字となっています。

誰も使わなくなってしまう「虞」すらありますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

5つ目の漢字は「統べる」

漢字クイズのお時間です。

「統べる」という漢字、読むことができますか?

「統一」の「統」が入った単語ですが、もちろん「とうべる」と読むことはありません。

あなたはすんなり読むことができますか?

「統べる」の読み方のヒントは?

この言葉の意味は「全体をまとめて指揮する」です。

多くの場合、「国を統べる」という使い方をします。

この漢字は「総べる」とも書きます。

分かりましたでしょうか?

正解は…

正解は…

すべる

でした!

「統治」「統括」という言葉に入っていることを考えると、この漢字の意味には納得してもらえると思います。

そしてもちろん、「滑る」と同じ使い方はできません。

同じ読みでも混同しないように漢字の表記と意味で区別しておいてください。

この「統べる」ですが、難読漢字の定番と言っても過言ではない単語です。

覚えていなかったという方はぜひこの機会にインプットしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA