漢字読み講座

【隠元】【蕩ける】【嘗て】あなたはこの3つの難読漢字の読みが分かりますか?

今回ご紹介する難読漢字は「隠元」「蕩ける」「嘗て」の3つです。

どれも難しそうに見えるかもしれませんが、言葉自体はあなたが知っているものばかり。

じっくり考えて答えを出してみてください。

それでは早速いってみましょう!

1問目はこちら「隠元」

「隠元」という漢字、あなたは読むことができますか?

「隠」も「元」もさほど難しい漢字ではありませんが、この組み合わせはなかなか目にしないように思います。

ただ、この漢字が表すものはスーパーに行けば必ず見つかる「あれ」。

この漢字、あなたは読めますか?

「隠元」の読み方のヒントは?

この漢字が表すのはある「野菜」です。

豆の仲間で、シャキシャキした食感が特徴。

そして最大のヒントです。

「隠元」を音読みしてみてください。

分かりましたでしょうか?

正解は…

正解は…

いんげん

でした!

普段目にするのはひらがな、もしくはカタカナで書かれた「いんげん」がほとんど。

日常的に多用される漢字ではありません。

ただ、いんげん豆をシャクシャクと味わいながらこの漢字を思い浮かべることができれば、漢字マスターへ一歩近づくことができるかもしれません。

読めた方も、読めなかった方もぜひ覚えておいてください!

続いて「蕩ける」

「蕩ける」という漢字、読むことができますか?

日常的に使う漢字ではないものの、なんとなくどこかで目にしたことがあるかもしれません。

ただ、ぱっと読み方を答えるのは難しいもの。

ヒントをお出しするので、ぜひ考えてみてください!

「蕩ける」の読み方のヒントは?

「蕩」はくさかんむりに「湯」の文字が加わったものですね。

そして「湯」を音読すると「トウ」と読みます(熱湯の「湯」など)。

残念ながら「蕩ける」は「トウける」ではないのですが、音は非常に近いです。

溶けたチーズに似合うこの言葉、もう分かってしまったでしょうか?

正解は…

正解は…

とろける

でした!

普段何気なく使っている言葉にもこんな漢字表記があるんですね。

普段はあまり使わないかもしれませんが、難読漢字として出題される頻度が高い漢字なので覚えておくと良いでしょう。

最後はこちら!「嘗て」

「嘗て」という漢字、読むことができますか?

なんだか読めそうで読めない漢字ですね。
あなたは読むことができますでしょうか?

「嘗て」の読み方のヒントは?

漢字そのものについてのヒントを出すのは非常に難しいので、この読みの用例をいくつかご紹介します。
「ここは嘗て海だった」
「未だ嘗てない快挙だ」
「嘗ての面影を残している」
全て読みも意味も同じです。分かりましたか?

正解は…

正解は…

かつて

でした!

「かつて」という言葉自体はよく使われますが、漢字で書いたことのある人は少ないのではないでしょうか。
ちなみに、「嘗める」と書いて「なめる」と読みます。
「臥薪嘗胆」(苦労して仇をうつという意味の故事成語)の「嘗」です。
「舐める」と意味は同じですが、読み方が難しいのでたまに漢字クイズで出題されることも。
「嘗て」よく使われていたこれらの読み、ぜひこの機会に覚えてみてくださいね。

今まで何気なく口にしていた言葉にも、このような漢字表記があると知ると少し見え方、聞こえ方が変わってきませんか?

私はこれこそが難読漢字の面白さだと思っています。

ぜひこの機会に普段使っている言葉の漢字表記を意識してみてください。

思わぬ発見があるかもしれませんよ。

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA