漢字読み講座

【「けんりつ」とも読めるけど、それは普通すぎます!】「建立」と書いて、何と読む?

「建てる」と「立てる」。

どちらも同じような言葉で、よっぽど何かをしっかり建てたいんでしょうかwww

 

そのまま「築く」という意味では、「けんりつ」と読みますが、せっかくなので他の読み方にチャレンジ!

 

小学校でもこの読み方を習ったはずですので、覚えていない方はこの機会に復習しましょう!

 

「建立」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「けんだて」ではありません!

ヒント➁ 「こんだて」でもありません!

ヒント③ 「こ〇〇〇う」の5文字です。

 

「建立」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「こんりゅう」です!

 

いきなり聞かれると答えに窮してしまう、そんな漢字ですね。

 

「建立」を「こんりゅう」と読む場合の意味は、「お寺や塔を建てること」を意味します。

 

「建てる」だけだと家や建物全般が対象となりますが、お寺は大工さんの技術の集大成とも言える、まさに芸術ですので、専用の言葉を使うんですね!

 

ちなみに、「こんりゅう」には「心の中で作りあげること」という意味もあります。

 

基礎の上に、物事の神髄を捉えたものを作る場合に使われる「建立」って素敵ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA