漢字読み講座

「土竜」「続柄」「展べる」さて、これら3つの漢字は何と読みますか?

今回は「土竜」「続柄」「展べる」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「土竜」

「土竜」と書いて何と読むかご存知でしょうか?

土の中の竜なので「つちりゅう」?

ーでは、ありません。

もちろん「どりゅう」でもありませんよ…

さて、何と読むか、あなたにはわかりますか?

「土竜」の読み方のヒントはこちら

  • 生き物ですが、竜のように想像上の生物ではありません
  • 身近な動物だけど、見たことのある人はかなり少ない!?
  • 漢字からお察しのように、土の中に生息します

以上3つのヒントから考えてみてくださいね。

「土竜」の読み方!正解は!?

正解は「もぐら」です!

竜と「もぐら」ではイメージが違いすぎると思いませんか?

竜のように細長いイメージで土の中にいる生物を考えるとしたら「ミミズ」の方が近いような…

と思って調べてみたら、中国では昔「土竜」と書いて「ミミズ」と読んでいたそうです

どうやら漢字が日本に入ってきた時に「もぐら」と読まれるようになったとか?

あくまでも一説としてですが…

もぐらは、野生の哺乳類の中で人間に最も身近な生き物なのに、実際に生きた状態で見たことのある人は、わずか1割といわれています。

見たことのある方はかなりラッキーですね!

2問目はこの漢字!「続柄」

「続柄」の正しい読み方をご存知でしょうか?

「ぞくがら」と読んでいる方が多いのですが、実は「ぞくがら」と読むのは慣用読みといって、多くの方がそう読むため、認められるようになった読み方です。

それでは「続柄」の本来の読み方は?

「続柄」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字になります
  • 意味は、婚姻関係や血縁関係などの親族を表します
  • 「続」を訓読みにすると?

以上の3つのヒントで考えてみてください。

「続柄」の読み方!正解は!?

正解は「つづきがら」です!

なんと「続柄」という熟語は、約90%の人が「ぞくがら」と読んでいるそうです!

ヒントに「訓読み」と書きましたが「つづき」と読むには通常は「続き」のように、送り仮名が必要ですよね。

ほとんどの人が「ぞくがら」と読むのも無理はないかと…

そこで「ぞくがら」という読み方も慣用句として認められているのでしょう。

にもかかわらず「続柄(つづきがら)」と正しく読めた方は、素晴らしいです!

最後はこの漢字!「展べる」

「展べる」の読み方をご存知でしょうか?

「展覧会」の「てん」なので「てんべる」?

では、もちろんありません。

さて、あなたには読むことができますか?

「展べる」の読み方のヒントはこちら

  • 「展」を訓読みにすると?
  • ひらがなで書くと、送りがなを含めて「〇べる」の3文字
  • 並べる、つらねるといった意味

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「展べる」の読み方!正解は!?

正解は「のべる」です!

「展」という字は「展示(てんじ)」「出展(しゅってん)」のように、ほとんど音読みで使うので、訓読みは非常に難しいですね。

「展」には、並べる、つらねる、広げる、一般に見せる、現れるといった意味があります。

ヒントでも紹介したように「展(の)べる」は並べる、つらねるといった意味

ただし「展げる」は「ひろげる」と読み、巻物をひろげるとか、新聞をひろげるといった意味で使います。

送りがなが替わると読み方や意味も替わってしまうため、注意が必要ですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA