漢字読み講座

【今日の難読漢字】「素描」「刷子」「鍍金」。どれも読めそうなのに読めないのが悔しい・・・

今日の難読漢字は

「素描」

「刷子」

「鍍金」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「素描」!

「素」と「描」から成るこの漢字ですが、「素」は「そのもの」や「何も加えていない生の状態」のような意味がありますので、「ありのままを描く」という、何とも素敵な言葉になります!

 

優れた画家の絵は、ただ見るだけで感動を与えてくれるものですが、まさに「素描」もそんな絵になるんだろうなと想像しちゃいますよね。

 

では、そんな素敵な言葉の読みはいったい何でしょうか?

 

音読みの「すがき」、「そびょう」も間違いではありませんが、ここはかっこよく決めてください!

 

素描」の読み方のヒントはコレ!

これはカタカナ読みになります。

「〇〇〇ン」の4文字です。

 

素描」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「デッサン」です!

 

確かに、絵を描くことを「デッサン」といいますよね!

 

「デッサン」とはフランス語で「絵を描く」ことを表し、英語では「ドローイング」と呼ばれています。

一般的には、鉛筆や木炭、パステルなどを用いて対象物を視覚的に捉えて描くことをいい、色をつける前段階のものを言います。

 

優れた画家は、同じ材料や道具を使って描いても、線の太さや強弱などで緩急をつけ、絵に生命を宿していきます。

 

有名なところでは、巨匠レオナルドダヴィンチが外せませんよね。

 

あのモナリザも、色の下にある「デッサン」には秘密の暗号や他の絵が隠れているなんて噂もありますし、まさに「素描」という字がぴったりです!

 

次の難読漢字は「刷子」!

漢字だけ見ると、「印刷屋の子ども」に見えなくもない「刷子」。

 

音読みにすれば「さっし」ですが、このままでは意味がよく分かりませんね。

今回の読み方は、ずばりその読み方だけで意味が通じるものとなりますが、何だか分かりますか?

 

一つ先に言えることは、「印刷」という概念は捨てた方がいいかも!?

 

刷子」の読み方のヒントはコレ!

これは平仮名表記とカタカナ表記の2つがあります。

カタカナ表記の方は、「歯を磨く道具」を想像しましょう。

 

刷子」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「はけ」または「ブラシ」です!

 

今回は「さっし」でも正解ですが、「はけ・ブラシ」とも読みます。

 

「はけ」「ブラシ」は、動物の毛や植物の繊維、科学繊維を使って木やプラスチックの台座に植え付けた道具のこと。

デッキブラシとか歯ブラシ、ペンキやお好み焼きのたれを塗る「はけ」などがこれにあたり、おおまかに言えば掃除用具、塗装用具、調理用具になります。

 

2つの区別としては、穂先が長くてしなやかなものを「はけ」、短くて硬い方が「ブラシ」

といったイメージでしょうか。

いずれにしても、私たちの生活になくてはならない大事な道具ですね!

 

最後の難読漢字は「鍍金」!

今回の漢字は難しい!

 

漢字そのものは、何となく見たことがあるようなないような、そこまで難しい漢字を使っている訳ではないんですが、読めない!

 

1文字目の「鍍」は漢字検定準1級の難読漢字ですが、音読みは「と」。

そのまま音読みで「ときん」でも正解ですが、今回は他の読み方を考えていきましょう。

 

実は、この漢字1文字だけでも今回の読み方と同じ読み方ができるんですが、いったい何と読むんでしょうか!?

 

鍍金」の読み方のヒントはコレ!

どちらかというと当て字になります。

「〇〇き」の3文字です。

 

鍍金」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「めっき」です!

 

「めっき」とは、ある物を金属を溶かした材料を膜として覆う、表面処理のことです。

 

金属で被膜形成するので、外見をきらびやかにしたり、防錆や表面保護、電気を通電するためなど、あらゆる目的で使われます。

 

有名なものでは、「トタン」や「ブリキ」があります。

「トタン」は、鉄に亜鉛を「めっき」したものですし、「ブリキ」は鉄にスズを「めっき」したものなんですよ!

 

お恥ずかしながら、今まで「ブリキ」という金属がもともとあるものと勘違いしていました・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA