漢字読み講座

【賞でる】「しょうでる」じゃありません!ホントの読み方がわかれば漢字マスターかも!

今回の漢字クイズはこちら。

「賞でる」という漢字、読むことができますか?

「賞品」「一等賞」などの「しょう」という読みが定着している私たちが真っ先に思いつくのは「しょうでる」という読みですが、これは漢字クイズ。

それで正解できるほど甘くはありません。

ぜひ頭をフル回転させて考えてみてください!

「賞でる」の読み方のヒントは?

「賞でる」という言葉はあまり日常生活で目にすることはありませんが、「観賞」や「鑑賞」という言葉は一般的に使われます。

実はこれらの単語が「賞でる」の読み方を紐解く手がかりとなります。

「鑑賞」や「観賞」は、対象こそ違えど、どちらも美しいものを深く味わうという意味を持ちます。

言い換えれば対象を「愛でる」ことなのです。

今のが大ヒントです。

もうわかってしまいましたか?

正解は…

正解は…

めでる

でした!

一般的には「愛でる」という漢字の方が良く使われるため、「賞でる」という言葉があること自体がほとんど認知されていないように思います。

ただ、知っておくと教養が深まるかもしれませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA