漢字読み講座

【今日の難読漢字】「敏捷」「早暁」「気質」。「気質」は「きしつ」以外の読み方にチャレンジしてください!

今日の難読漢字は

「敏捷」

「早暁」

「気質」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「敏捷」!

「敏感」、「俊敏」、「過敏」など、1文字目の「敏」は日常的に使う言葉でもあるので簡単ですね。

 

でも、2文字目の「捷」ってそもそもどんな漢字か知っていますか?

 

「捷」とは、「はやい」とか「すばやい」というような意味を持つ漢字のことで、今回は音読みが分かれば正解できる問題です。

 

ちなみに、1文字目の「敏」も「はやい」や「すばやい」という意味がありますので、「はやい×2」でスピード感ある言葉となっていますよ!

 

敏捷」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇〇〇」の5文字です。

2文字目を使った他の言葉は「大捷」や「戦捷」があります。

 

敏捷」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「びんしょう」です!

 

「敏捷」とは、動作が素早く、はしっこいことを言います。確かに、2つの漢字は共に「すばやい」を表す字ですから納得です。

 

その他にも、「頭の回転が早い人」に対して使われる言葉ですから、いずれにしろ良い意味で使われます。

 

今回の難読漢字が読めたら、その「敏捷さ」で次の問題も行ってみましょう!

 

次の難読漢字は「早暁」!

1文字目は小学生でも分かる簡単な漢字ですが、問題は2文字目ですね・・・。

 

単体の「暁」だけだと「あかつき」と読み、「夜明け」とか「太陽が登る前の幻想的な空」を表す漢字になります。

 

ということは、「暁」よりも「早い」時間帯を意味しているはずだから・・・

 

それって、ただの「夜中」ですよね・・・。

 

さあ、夜明けよりも「早い」時間帯はいったい何と読む??

 

早暁」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇〇〇」の5文字です。

同じ意味で「払暁」という言葉もあります。

 

早暁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そうぎょう」です!

 

「早暁」とは、さきほど述べたとおり「夜明けよりも早い時間帯」を表す言葉であり、「夜中」というよりも「夜明けのほんのちょっと前」が正しいニュアンスになります。

 

日の出なんて、お正月の初日の出くらいしか見たことがない人も多いと思いますが、お正月でなくてもあの光景は感動しますよね!

 

真っ暗な夜の闇に、水平線の彼方がほんのりオレンジ色になりはじめる景色はまさに幻想的です。

 

今日も明日も、そしてこれからも、輝かしい朝が必ず来ます。

何かに悩んでいる人やつまずいている人は朝日を「早暁」の時間帯に出掛けてみませんか?

 

きっと心が晴々しますよ!

 

最後の難読漢字は「気質」!

そのまま読めば、「きしつ」です。

 

「気質(きしつ)」とは、「物事を構成する性質」などを表す言葉ですね。

 

でも、今回はあえて「きしつ」ではない読み方に挑戦してみましょう!

 

同じ漢字なのに、読み方がまったく違うものっていくつかありますが、今回の漢字もまさにそれ!

 

「きしつ」に捕らわれすぎると、正解は見えてこないのでご注意を!

 

気質」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇」の3文字です。

特有の性格や気風のことを意味します。

 

気質」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「かたぎ」です!

 

「気質」とは、身分や職業などを同じくする人たちの性格や気風のことを言います。

 

よく使われる言葉としては、「職人気質」でしょうか。

「職人気質」と聞いただけで、なんだか頑固で難しそうな性格だけど、気前が良く、思い切りがいい人が思い浮かんでしまいますよね。

 

このような「性格」を表す意味以外にも、「習わし」や「習慣」などの意味もあります。

 

「きしつ」と読むか、「かたぎ」と読むかで若干意味が変わる漢字って、おもしろいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA